サンダルウッド

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

今日、ご紹介する精油は

サンダルウッド

です。

ビャクダン科の木から取れる精油です。

日本では白檀として、お香やお線香に使われますよね。

サンダルウッドは、半寄生の植物のため、寄生根を共生相手となる植物の組織に繋げて、宿主の水分や栄養で育ちます。

サンダルウッドの木が完全に成熟するまで60~80年かかると言われ、絶滅危惧種のため、インド政府により伐採も管理されていて、病原菌に感染している木以外は樹齢30年以下の木を伐採することが禁止されています。

このように、サンダルウッドが育つことに時間がかかるため、高価な精油となり、インドのマイソール産のサンダルウッドが良質とされています。

芳香成分類から見てみると、セスキテルペンアルコール類が80%以上占めていて、体液やリンパの鬱滞除去作用があるため、冷えや浮腫みへの働きが期待できます。

サンダルウッドの歴史は長く、ギリシャやローマでは、多くの寺院にサンダルウッドの木によって建てられたり、エジプトでは死体の防腐処理として使用されていたためか、宗教行事に使われるイメージがあります。

また心を安定させる働きから、瞑想に使われることが多いのではないでしょうか。

セスキテルペンアルコール類にホルモン様作用の可能性があるため、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症など、ホルモンが影響する疾患をお持ちの方は使用を控えてください。

最後までお読みいただいき

ありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

サンダルウッド” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

保護者会