風邪をひいた時の精油は何を使う?

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

先週の台風で甚大な被害があった多摩川周辺。

被害が大きかった場所より川下でしたが、今日、多摩川に架かる橋を渡った時に、今だに土手に水溜まりができていました。

被害に遭われた方々が、一日も早く、普通の生活に戻り、また、身も心も癒される時が訪れますように…。

今日は、気温が上がると言っていたわりには、それほど上がりませんでしたね。

そして、この数日の涼しさ?寒さ?で喉に違和感を感じています。

私の風邪のひき始めは、喉が痛くなります。

それから、鼻や咳の症状になりますが、その際に使用できる禁忌のない精油を挙げてみました。

(正しい濃度で希釈して使用することは前提です!)

●イランイラン
鎮痛作用、抗炎症作用

●カモミール・ローマン

鎮痛作用、抗炎症作用

●ティートリー

抗ウィルス作用

●ブラックプルース

抗炎症作用、鎮咳作用

●フランキンセンス

去痰作用、抗カタル作用

●マジョラム

抗炎症作用、抗ウィルス作用

●ミルラ

抗炎症作用、抗ウィルス作用

●ユーカリラディアータ

去痰作用、鎮咳作用、抗炎症作用、抗ウィルス作用、抗カタル作用

●ラヴィンツアラ

抗ウィルス作用、去痰作用、気管支拡張作用、鎮痛作用、抗カタル作用

●ラベンダーアングスティフォリア

鎮痛作用、抗炎症作用

●ローレル

鎮痛作用、抗ウィルス作用、去痰作用、抗カタル作用

もちろん、一番は、ゆっくり休む等はたらく細胞達が活躍しやすいように環境を整えてあげることが一番ですし、他にも使用できる精油はありますが、参考にしていただけると嬉しいです。

ちなみに、私の中では風邪と言えば

ラヴィンツアラです。

※精油の使用は自己責任で行うこととなっています。精油の禁忌・注意事項を十分にご確認の上、ご使用ください。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

板橋区民まつり