目指すもの

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

お天気はぐずついていましたが、予想気温は久々に30℃を下回っていました。

今日は見られませんてましたが、空も高くなってきましたよね。

さて、今日は少し私の思いを綴ってみたいと思います。

私がアロマセラピーを知るきっかけになったのは『子供に薬品を使わないでいいのなら使いたくない。』という思いから、虫よけになる香りがあることを知った時でした。

(その前からアロママッサージと言われるものは受けていましたが)

そして、学ぶきっかけは、上記にプラスして『高齢者にも薬を使わないで済むのではないか?』と感じたことでした。

もちろん、今は、アロマセラピーは薬ではない、薬にはならないということは理解しています。

アロマセラピーを知って約10年。

私も、子供も親も年を重ねて、その中でアロマセラピストとしての学びを続けてきて思うのは『自分と同じような人のお手伝いがしたい』ということです。

特に、子育て、高齢者との生活をされてる方。

どちらも、私はどっぷり経験しているわけではありませんが、ほんの少しは共感できるかな…と。

そして、特に最近思うのは、子供に自分の体がこれからどのように変わっていくのか?ということをお母さんが伝えられるようにならないかな…ということです。

自分の体のことは、今は小学4年生の保健体育で習うそうですが、時間的に足りないです。

また、最近の女子は初潮が早まっている…という話もありますが、初潮は簡単に言うと、皮下脂肪の量が一定以上になると、女性ホルモンが分泌されるようになるそうです。

これは栄養状態が良くなっていることもあると思います。

また、子供の就寝時間が遅くなることによって、体が成熟し、早期初潮もある(小学一年生とか)…という話も先日の解剖生理学(ホルモン)の講座でも話題に上がりました。

女性の一生の排卵回数も決まっています。

早期初潮は、早期閉経により更年期障害が早くから出ることもあります。そうなると女性ホルモンにより予防できている成人病の心配もあります。

また、排卵はその都度卵巣が小さな爆発を起こすことにより行われ、卵巣の働きにも影響することや、少子化(妊娠期間の減少)により、月経回数が増えていることにより子宮内膜症や子宮筋腫が多くなる可能性もあるため、そのしくみなどを知っておくことも必要なのではないかと感じています。

それを、簡単にでもお母さんが伝えられれば、早めに対処することも可能でしょう。

自分の月経周期を知らない大学生もいるという話もききます。

自分の体を知り、大切にできる、自分の体を大切にすることは、自分を色々な意味からも守れると思います。

そして、高齢者との生活。

介護をしている、していないに限らず、高齢者と接することで、気に掛けた方がいいことがあると思います。

介護をしている方は、当事者じゃないとわらかないことってたくさんあると思います。

まだまだ、お役に立てることは少ないですし、勉強不足でもありますが、私の目指す場所は同年代の方が子供や親御さんなどご家族と生活するために役立ちたいということです。

女性ってご本人だけでなく、そのご家族まで健やかに生活できることを気にかけてますよね。

そんな母、妻、娘、嫁でがんばっている方ご本人やご家族が少しでも楽になれるようにお手伝いできるように、私は学んでいるのだと思います。

…と今日は真面目に語ってみました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたアロマカードはラベンダーでした。

学名:Lavender angustifolia

ラベンダーの花の色は紫ですが、紫は青と赤を混ぜた色になります。

青は鎮静、赤は活性を表し、成分的にもラベンダーは鎮静と活性どちらにも働きかける精油です。

あなたらしい適度な加減を見つけて「まぁいいか」「だいたいこんな感じ」と楽にして、柔らかな心でいましょう。

(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です