天赦日・甲子の日・箕の吉日

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今週一杯は、小春日和の過ごしやすい日のようですね。

本日、天赦日

『天赦日』

てんしゃにち、てんしゃび。

には「天しや」と書かれ、選日にも書かれる。

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

Wikipediaより

…という日です。

六曜(暦)だと『赤口』。

こちらで日を見ることも多いと思います。

何かするときは、正午丁度に行うといい…と言われています。

『甲子(きのえね)の日』。

甲子は六十干支の始まりであることから、甲子の陽は縁起が良いとされ、物事を始めるのに適した吉日です。

また、大黒天の縁日でもあり、この日に行動を起こすと、運が良い流れになる、とされています。

そして、二十八宿

天球を、28のエリア(星宿)に不均等分割したもの。二十八舎(にじゅうはっしゃ)ともいう。またその区分の基準となった天の赤道付近の28の星座(中国では星官・天官といった)のこと。中国天文学占星術で用いられた。江戸時代には二十八宿を含む多くの出版物が出され、当時は天文風俗が一体になっていたことが、多くの古文書から読み取れる。

Wikipediaより

二十八宿だと、『箕(き)』

『新(あらた)に衣類(きもの)を裁(た)ち又は新たに着物を着るときは諸人(しょにん)の愛嬌を受け常に衣類に困(くるし)まず盗難を遁(のが)れ家内和合して幸慶(こうけい)を得(う)る最上吉日なり。但し埋葬には用ゆべからず』と説明がされています。

私の実家は、この暦を見ていて、結婚する時は大安・室(二十八宿)、サロンのオープン日も天赦日・一粒万倍日・大安・房(二十八宿)の四重吉日としました。

…ということで、吉日の本日こちらの方々をお引越し。

 こちらへ♥ 

SPOOLさんにお願いして作っていだきました。

 ワインセラーのサイズに合わせて、できるだけ多く入るように。 あと一列(4本×上下段)多くしたかったけど断念…。

六曜だと吉日にはならないかですが。

そして何より(?)、今日は結婚記念日(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたアロマカードはパチュリでした。

学名:Pogostemon patchouli

パチュリは墨や墨汁の香りと言われています。

墨は書道をする前に心を落ち着かせるために行うものと言われているので、パチュリの香りも心を落ち着かせる香りでしょう。

信頼し委ねて、自分自身との新たな深い繋がりの時を待っていてください。

(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です