風邪(ふうじゃ)と風邪薬

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日も風が強かったですね。

風といえば風邪…というわけではありませんが…

東洋医学では『風邪』と書いて『ふうじゃ』と読みます。

風の邪(じゃ)が入ることから言われており、風邪(ふうじゃ)は左右肩甲骨の間にある経穴(ツボ)『風門(ふうもん)』から入ると言われています。

風邪(ふうじゃ)が入ると背中が『ゾクッ』とし、まさに、風邪(かぜ)のひき始めですよね。

ここから、寒気がした場合は、風門を温めるといいと言われています。

これは風神。

さて、こんなニュースを見つけました。

かぜ薬、65%が誤解 ウイルス倒さず、正しく服用を(Yahooニュースより)

 風邪(かぜ)、正式名称風邪症候群は、ウイルスによる感染症です。

8〜9割はウイルスによるもので風邪を引き起こすウイルスは100種類以上あります。

ウイルスを殺す薬はありません。

抗ウイルス薬はウイルスの増殖を抑える薬で、且つ、決まったウイルス(インフルエンザウイルスや帯状疱疹ウイルスなど)の抗ウイルス薬が数種類あるだけです。

…ということは、風邪薬で風邪が治るわけではなく、風邪薬と言われるものは、鎮痛解熱剤、咳止め、鼻水を止める薬など症状を緩和する薬となります。

私も感染症やウイルスについて学ぶまで知らず、『風邪を引いたら風邪薬で治す』と思っていましたが、今では『とにかく寝る!』を徹底してます。

…が、私の場合、最後に咳になり、声が出なくなる…ということもあるので、そうなると消炎剤を耳鼻科に処方してもらい、吸入をしに行きます。

風邪薬はそれぞれの症状を緩和する薬なので、何でも入っている総合感冒薬ではなく、その時の症状を緩和してくれるお薬を服用した方がいいですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたアロマカードはブラックペッパーでした。 

学名:Piper nigrum

ブラックペッパーは、星座から関連すると牡羊座の精油となります。
私、牡羊座🐏です。

小さな積み重ねがあなたを更に磨いていきます。

(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

秘密兵器?

次の記事

ご感想