医学(神経)講座

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、外は暖かかかったですね。

予想気温は15℃ということで、上着を着て日向を歩いていると暖かいを通り越し、暑く感じました。

昨日夜、手術後初めて義母から電話があり、手術後の痛みはあるようですが、声は元気そうなので安心しました。

声を聞くだけでもこんなに安心できるものなんだなーと、当たり前のことを感じる出来事でした。

さて、今日は医学講座で、自律神経がテーマでした。

自律神経は、アロマセラピーにかなり影響する神経のため、学ぶことは多いと思いますが、正しく学ぶことにより、今まで曖昧になっていたことや、勘違いしていたこと、なんとなくのイメージで、きていたことなどが、クリアになっていきます。

そうは言っても、今回もモリモリの情報量なので、復習は必須のため、来週参加します。

今日、学んだことで、クリアになったこと。

私はリフレクソロジーを学んだ時に『太陽神経叢』という反射区がありました。

他の参加されていた方々は、スピリチュアルの話しで耳にする…と話していましたが、以前の講座の時に「『太陽神経叢』ってどこの神経ですか?」ときいた方がいて、その時、野溝先生は「聞いたことあるなー。自律神経に関する用語だと思う」とお話をされていました。

…ということは、医学用語ではないのか?となり、『調べておくねー』となりましたが、今回の自律神経に組み入れてくださり、太陽神経叢は、腹膜神経叢(節)のことだとわかりました。

もし、太陽神経叢(節)で、医療者に通じない場合は、腹膜神経叢(節)といえば通じるそうです。

ちなみに、セラピー界で使われるこの太陽神経叢。

交感神経になります。

神経に関することは今回で終わりですが、来月からは新しいテーマでの講座が始まるので、また、頭から蒸気を出しながら苦しみ楽しみます。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オンラインサロン

次の記事

お茶から嗅覚