緊張していのかも…

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、朝一番で、義母のリハビリの付添、帰宅後、実父の部屋ベットメイキングをして、軽く掃除。

休憩がてら昼食を摂って、義実家へ夕食の差し入れ用の準備をして、タッパー等に詰めて持ち、介護サービスの担当者が来るので、義実家へ。

諸々サービスの件で打ち合わせをして、帰宅。

その頃から頭痛が…。

熱もないし、咳も出ないし、喉も痛くないし、酸素飽和度も問題なし。

若干血圧が低めではあるけど、別にこれも問題なし。

しばらく横になり、夕食の準備をして、あとは家族にお願いし、また横になり。

片頭痛は、緊張等により血管が収縮されていたものが、緊張が解けたことにより、血管が拡張し、三叉神経が刺激されることにより起きます。

例えば、平日は平気だけど、休日になると頭痛がする…と言った場合、平日は緊張しているので、血管が収縮し、休日になると緊張が解けて、血管が拡張することにより頭痛が起きる…ということがあります。

よって、血管を収縮させれば治まるはず。

今回私は、とりあえず、アイスクリームを食べて、ペパーミントの香りを使ってみました。

冷たいものやスッとする香りは、血管を収縮させます。

頭痛が強かったときはそんな気にはならなかったのですが、少し緩和されたところで、お腹が空いたのでおにぎり🍙と緑茶も。

血糖値が下がると、脳が栄養が欲しいために、血管を拡張させます。
それも、片頭痛の原因になることもあります。

また、カフェイン(緑茶)も血管を収縮する働きがあります。

今は治まりつつあります。

その他に、直接冷やしたり、痛みを与える(笑)なんかも良さそうです。

私は鎮痛剤は使いませんが、今は、片頭痛の場合は、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)よりも、トリプタン製剤が使われることが多いようです。

トリプタン製剤は、セロトニンの受容体に働きかけ、セロトニンを多く受容できるようにして、血管拡張を抑えることにより頭痛を緩和するというものです。

服用の際は、ドクターや薬剤師さんと相談してくださいね。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です