精油の体内動態を考える<経皮の場合、吸入の場合①> 

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、久々の久保田先生のセミナーに参加。

FBが使えなくなって、久保田先生との連絡手段がなくなっていましたが、今日お話しすることができて良かった。

テーマは精油の体内動態について。

以前も体内動態について受講したことがあり、ザラッとはわかっていましたが、薬剤師の久保田先生からお話を聞くのはまた違った角度になるかな…と。

なんと言っても、久保田節が、好きなんですけどね(笑)

結局は、薬と違い、様々な芳香成分の混合物である精油の体内動態がわかるわけではありませんが、希釈された精油の皮膚から吸収される量が少ないとは思っていましたが、最大でも1割という数字を知ることができ、更に部位により吸収率が違うのは、今までイメージや想像だったものが明確化され、今後の参考になります。

また、来週、楽しみです。

 最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です