私の幸せホルモンを出してくれるもの

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は引きこもりデー。

…とは言っても、オンラインレッスンデーでした。

今は教えることをさせていだいていますが、大人になってからの習い事って、好きでやってるので楽しいですよね。

音楽は小さい頃からずっとやっていたのもあり、ドリマトーン(カワイの電子オルガン)を25歳位まで(一応、指導ができるグレードは取得しましたが弾いてないので今は全くダメです)、銀行員時代は着付けや書道、退職してからカリグラフィー(西洋書道)を結婚前までやっていました。

20代の頃はお花(アレンジ系)、30代には押し花、そして、一度辞めたお花(アレンジ系)を出産前まで習っていました。

そして、40代でアロマセラピーの世界に足を踏み入れました。

こうやってみると、お花が好きなんだなーと感じます。

今では家にお花が飾ってあるということが、私の心の栄養になっています。

玄関に飾ってあるので、特に朝は、玄関に続く廊下に出るとフワッと香ってくると『いい香り〜』と深呼吸をします。

そして、その姿を見ても幸せな気持になります。

昨日、3つ目のお花が咲きました。(後ろが見えてない)

DSC_1159

昨日の朝はまだ開いてなかったんですよねー。
ユリ(カサブランカ)の芳香成分は

●イソオイゲノール

●ベンジルアルコール

●シス-オシメン

●リナロール

●P-クレオソール

●P-クレゾール

など。

イソオイゲノールはイランイランに入っていたり、ベンジルアルコールはジャスミンやこちらもイランイランに含まれているようです。

ベンジルアルコールの香気は弱い芳香とのこと。特徴的な微量成分として含まれるP-クレオソール、P-クレゾールは不快臭。

この不快臭、それぞれの香りがはわかりませんが、乾燥尿のキー成分や正露丸の香り…というようなワードが出てきます。

ちなみに、ジャスミンに入っている『スカトール』という芳香成分は便の香気成分と同じなんですよ。

さて、カサブランカの芳香成分について調べていると、カサブランカの香りを抑制するという情報がでてきます。

香りが強いために、華はあるけど使いにくい…ということから、香りを抑えて、結婚式場やホテルなどに使われているようです。

そして、ユリの精油はあまり見かけません。

…と色々話が飛んでしまいましたが、私のセロトニンの分泌を促してくれていると思われるものでした。

ちなみに、観葉植物を置いたり、種から育てようなどがんばるのですが、いつも撃沈し、凹んで心の不栄養になりまるので止めてます😭

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です