感情老化

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は5月並みの暖かさだとか。

着るものも、薄着にして、外に出たら本当に暖かく、でも花粉が…。

暖かくなるのは、嬉しくもあり、悲しくもあり…です。

さて、今月のARTQアネルズあづさ先生のオンラインサロンで、『感情老化』という言葉を知りました。

意味はそのままで『感情が老化する』ということですが、この言葉、ご存知でしたか?

感情が老化するとは…

●何をするに面倒臭い

●人の意見を聞けない

●頑固になる

●自分の思い通りにならないとイライラする

●アイデアが湧かないん

など

ん?私か?と思わなくもないですが…💦

これをこのまま放置しておくと、何を見ても聞いても関心がわかなくなり、それは脳の老化にも直結してしまいます。

そして、40代から始まっているということですが、もっと若くても起こるそうです😣

感情老化に一番関わっているのは脳の前頭葉。

前頭葉は、主に思考や判断し行動する機能の他、視床下部、海馬、扁桃体からの入力があるため、情動や記憶、ホルモンバランスなどの影響も受けます。

前頭葉が萎縮すると、考えることが面倒臭い、どうでもいい…など、やる気がなくなったり、自分の考えに固執し、反対意見や思いが通らないと怒ったり…ということが起こります。

そして、好奇心や意欲が出たり、人との関わりに関係する男性ホルモンの『テストステロン』が老化のため分泌が減ることにより、意欲が減退する1つの要因にもなります。

テストステロンは、男女とも量が多いほど、記憶力、判断力が高く、他人に興味を持ち、そしてモテる人が多い!

女性は閉経後、女性ホルモンが減ると、相対的に男性ホルモンが増えると言われてきましたが、最近の調査では、女性は閉経後、絶対量として男性ホルモンが増えることがわかっており、女性は閉経後、やる気、元気が出て、ハツラツと人生を楽しみ、逆に男性はテストステロンは減るばかりで、元気や意欲が低下しまうとか。

やはり、このように考えると、男性の場合は前頭葉の萎縮とテストステロン減少が更年期と考えられるのかもしれませんね。

さらに感情の老化には、先日触れた神経伝達物質の「セロトニン」の減少も関係してきます。

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが不足するとうつ症状が出たり、発症することもあり、そのセロトニンの減少は40代から始まるそうです。

前頭葉の萎縮、男性ホルモン『テストステロン』の減少、『セロトニン』の減少それぞれがお互いに関係し合っています。

例えば、男性ホルモンやセロトニンが減少し、好奇心や意欲が減退、不安や失敗を恐れ、人と付き合ったり、何かを学ぼうという気が起なければ、頭や体を使いませんから、脳への刺激が減り、さらに衰えていってしまいますね。

やりたいことや興味があることはたくさんあるし、新しいことを始めるのはワクワクするので、まだ、大丈夫かな…?(笑)

それでは、感情老化の予防についてはまた明日。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です