鳥は飛ばねばならぬ

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

東日本大震災から10年が経過しました。

被害に遭われ、命を失った方々のご冥福をお祈りいたします。

まだ、ご家族に会えていない行方不明の方々もいらっしゃいます。

先日、お話しされていたのは、ご主人とお孫さん3人を亡くされた方。

ご主人はお孫さんを迎えに行き、そして、その方を迎えに行くために、海の方へ向かったと思われそうです。

その方はとても悔やまれ、その思いを背負って生活されていることでしょう。

この方だけではありませんが、自分のために家族が被害に遭った…という方も多くいらっしゃるでしょう。

そのような方の『なぜ、自分は生きるのか』という問に対して、その回答が『生きるために生きる』。

今日、医学講座、講師の野溝先生から、そんな言葉を表す詩を教えていただきました。

鳥は飛ばねばならぬ 坂村真民

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ

怒涛の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ

鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを
知っている

そのように人も
一寸先は
闇ではなく
光であることを
知らねばならぬ

新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お誕生日おめでとう!

次の記事

定期検診