遺伝子ワクチン

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

昨日からですが、花粉がすごいー😭

3月の後半に一気に来たーっていう感じです。

でも、以前よりはマシになってるんですよね。

以前は2月の終わり位からこの症状だったので。

半月耐えねば…。

さて、先日の医学講座で、遺伝子とは?というお話がありました。

その際、接種が始まった、ファイザーとモデルナの遺伝子ワクチンの説明もしていただきました。

通常の不活化ワクチンは、不活化したウイルスを体内に入れることにより、そのウイルスの抗体(武器)を作り、次に本物のウイルスが体内に入ったときに、すぐに武器(抗体)が使えるようにするものですよね。

そうすることにより、通常であれば、抗体を作るまで、1週間程時間がかかるところ、もう既に抗体があるので、抗体を作り、使うまでの時間が短縮されるので、長期化、重症化を防げます。

で、遺伝子ワクチンですが、

ます、遺伝子とは、よく設計図と言われますが、タンパク質の設計図となります。

〇〇のアミノ酸と☓☓のアミノ酸と△△のアミノ酸で□□というタンパク質を作るというコード(DNA)は細胞の核から持ち出すことができないので、m(メッセンジャー)RNAが鋳型を取って、タンパク質を作る工場(リボゾーム)に運ぶ…という流れになります。

これがワクチンでどう働くかというと…

新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が、細胞に入るための鍵になり、この鍵を使って、細胞に入り込み感染します。

RNAワクチンには、「このスパイクタンパク質を作る!」という命令が入っているので、それを注射することにより、筋肉の細胞はスパイクタンパク質を作ります。

…が、このスパイクタンパク質は、自己(自分のもの)ではないので、人の体(免疫)は非自己(自分のものではない)は敵とみなし、攻撃し、抗体を作ります。
抗体ができると、不活化ワクチンと同じように、抗体を作り、使うまでの時間が短縮されるので、長期化、重症化を防げる…ということです。

まだまだ使い始まったばかりのワクチンですが、研究はこれからも続くでしょうね。

今年中には、国民にワクチンが行き渡る位にはなるようですが、まずは、きちんもした知識を持ちたいですね。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

医学講座の復習日