心配は早めになくしたい派です

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

昨年11月頃、足の小指の横裏に『こんなところにほくろあったかなー?』と。

足の裏アップの写真があります

↓ 

基本的に足の裏のほくろは良くない…ということを聞いたことがあったので、皮膚科へ。

以前も、手の指だったり、内くるぶし付近にあるほくろも見てもらっていたことがありましたが、特に問題がなかったので、あまり深く考えずに行ったのですが、見た途端、先生の目付きが鋭く…。

拡大しているのでわかりにくいですが、まだらで左右不均一なほくろ。

メラノーマを判断する際ABCDEルールというのがあり
A:Asymmetry…形が左右非対称である
B:Border of irregularities…辺縁がギザギザしていて不整である。色の滲み出しがある
C:Color variegation…色調が均一ではない。色むらがある
D:Diameter greater than 6mm…長径が6mm以上
E:Enlargement or evolution of color change, shape, or symptoms…大きさの拡大、色や形、症状の変化
を見ます。

この中で、A〜Cは当てはまっていましたが、大きさはまだ4mm程だったこと、年明けに義母の入院があったこと、大きさ的にも特に急がなくても大丈夫…ということだったので、大きさはチェックすることにして、気になれば、生検をしましょうということで、大きさだけ毎月写真を取り、状況を見ていました。

義母の方も落ち着くであろう…と、7月初旬に受診をして、すっきり、または問題があれば早期治療ができるように病理検査をすることにして、8月末に生検を行いました。

手術そのものは、15分程度。

抗生剤のみ処方で、痛みは耐えて(笑)と。

麻酔が切れたあとも、痛みは、とんでもない痛み…ということはなく、歩きにくいため、大人しく。

1週間もすると、まぁまぁ普通に歩けるようになりました。

抜糸は病理検査の結果も出る2週間後。
診察室に入り、まず抜糸。

少しチクっとした程度で終わり、場所的にも、抜糸しても開いちゃうかもー。

でも、軟膏ぬれば、肉は盛り上がってくるから〜と。

お腹を切ったときも使ったのですが、マイクロボアサージカルテープで、傷が開かないように止めてます。

先生は、テープは使っても使わなくてもどちらでもいいし、傷口開いたら来て…なんて。

開きたくないので、テープを使うことにしました。

で、結論として、結果は『母斑細胞性母斑』ということで、良性のホクロということでした。

病理医の先生は、教科書や本も出してるような先生で、僕も見たから大丈夫だよ

…と言ってもらえて、安心しましたー。

切り取った検体を見た感じ、たぶん大丈夫だと思うけど…と言われていましたが、やはり、キャンサーサバイバーとしては結果が出るまでは色々考えるわけでして。

これですっきりし、様々なことを進めることができるようになりました。

やはり、嫌な物を見つけると、見なかったことにしたくはなりますが、何事も早期発見が治療時間も短くなるのかな?と思っています。

懸念事項は早めに対応して、すっきりしましょー。

🍀お知らせ🍀

大山ハッピーゼミ、モイストポプリ作り、手こね石けん作り講座の参加者募集中です。

🌹モイストポプリ🌹

10月22日(金)11:00~ 3名残席2名様受付中

モイストポプリお申し込みはこちらから 

🧼手こね石けん🧼

10月22日(金)14:00〜 3名残席2名様受付中

手こね石けんの申し込みはこちらから 

こちらは、『大山ハッピーゼミ実行委員会の新型コロナウイルス感染症予防及び拡散防止のためのガイドライン』に基づき、感染予防対策を徹底して、少人数での開催となります。

ぜひ、ご検討ください。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です