上質な睡眠

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

この毎日の猛暑?酷暑?でかなり体が疲れていると思いますが、睡眠はしっかり摂れていますか?

最近、睡眠に関する常識が変わってきているようですね。

例えば、90分毎に、レム睡眠とノンレム睡眠がやってくるので、その倍数で起きるとスッキリ起きられる…や、成長ホルモンは22時~2時の間に分泌される…と言われてきましたが、『スタンフォード式最高の睡眠』の著者西野精治先生によると、最初の90分の睡眠が大切ということです。

ノンレム睡眠(Nonrapid eye movement sleep):脳が休んでる深い睡眠 

レム催眠(Rapid eye movement sleep):脳が働いている浅い睡眠 

ノンレム睡眠は、深い眠りの中でも段々浅くなるので、その一番深い眠りの時に、成長ホルモンが分泌されるそうです。

それでは、その深い眠りにつけるようにするために…

●夜にトマトを食す⇒日中上がった体温を下げるため。体温が下がると入眠しやすくなるため

●90分前に入浴⇒温まった体が元の体温に戻るまでに90分かかるそうです。緩やかに体温が下がり入眠しやすくなるため

●眠る前は、スマホ、テレビ、ゲーム、パソコンの使用は控える⇒明るさで覚醒してしまうため

●起きたい時間とその20分前に目覚ましをかけるとすっきり起きられる⇒ノンレム睡眠とレム催眠が交互にやってくるので、起きやすいどちらかのタイミングに合わせられるため

●寝るときは体温か下がるので、靴下ははかない⇒体温を下げるために手足先から体に熱を放出するため

●朝日、太陽の光を浴びる⇒メラトニン(眠くなるホルモン)は、朝日を浴びて15時間後に分泌される。メラトニンの材料はセラトニン。朝日を浴びるとセラトニンの合成か活発になったり、地球の一日周期は24時間だけど、人間の一日は25時間周期になるため、朝日を浴びることより、体内時計がリセットされるため。

●朝のお味噌汁(やスープ)⇒朝起きて行動を開始すると、体温が上がり始めます、朝から昼にかけて体温が上がり、夕方に下がり入眠しやすくなるため。

というような事が挙げられます。

私も、ついつい寝る前にはスマホを見ている毎日で、夜中に目が覚めること数回…。

もう少し、自分の生活を見直すべきですね💦

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です