スイカ🍉

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

夕方の雷⚡、すごかったです。

雨も降り始め、夏の終わりを感じます。

今日、頂き物で、梨をいただいたのですが、巨峰も店頭に並んでいるし、果物はもう秋ですね。

私はスイカ🍉が大好きで、夏はスイカがあればそれでいい位です。

このスイカはお昼と夜の2回で食べました😋

小さい頃は、一玉や半分で売っていることが多かったような気がします。

今は1/6~1/8カットや、一口大(?)にカットされているものが主流になりましたね。

とにかくたくさん食べたくて、半分に切ったスイカをそのままスプーンで食べたくて、大人になってやったらお腹を壊しました(笑)

収穫量も私が子供の頃の1/4程度になっているそうです。

そんなスイカですが、夏に食べるのにはとても理にかなっています(今更ですが)。

●熱中症予防

スイカはほぼ水分で、糖分もあります。

私が小さい頃は、甘みが増すように…ということで、塩をかけてましたが、その塩分も熱中症が予防には必要ですよね。

●水分の排出

スイカはカリウムが利尿作用を促しますので、摂りすぎた水分を排出します。

また、カリウムは、体を冷やす作用もあります。夏向きではありますが、冷え性の方や、腎臓が弱い方は、食べ過ぎに注意するしてください。

腎臓疾患をお持ちの方は、掛かり付けの医師にご相談くださいね。

●血流を促し浮腫みを取る

スイカに含まれるシトルリンというアミノ酸が血流を促し、浮腫みを取る効果があります。

シトルリンは、スイカの皮の白い部分に多く含まれています。

私が子供の頃は、スイカの皮の白いところを糠漬けにして食していました。

●活性酸素除去・体脂肪燃焼

スイカはトマトより多いリコピンが含まれていて、シミ・ソバカスの原因となる活性酸素を除去したり、体脂肪を燃焼する効果もあります。

●新陳代謝を促し、肌の老化を予防

アンチエイジング食材のしれません緑黄色野菜の条件は、100g中にβカロテンが600ug以上含まれることで、スイカには100gあたり830ug含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、新陳代謝を促したり、肌の老化を予防します。

●美肌

ビタミンCにより、肌の弾力に欠かせないコラーゲン線維の合成や、黒い色素のメラニンの生成の進行を防ぎ、肌を白くします。

お腹が弱い方は冷やしすぎないようにしてくださいね。

私は、もうしばらくスイカを楽しみにます🍉

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今度は実母

次の記事

甘酒