心がやわらぐ…

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

昨日、あれだけの被害が出た大雨の翌日とは思えない程の朝日から始まった今日。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

私は何も変わらない生活ができていますが、それは決して当たり前ではないことを感じずにはいられません。

さて、aromatherapysalon朋香(ほのか)のロゴはレンゲソウをモチーフに使っています。

レンゲソウは、精油が採れたり、ハーブティで使ったりすることはありませんが、食用として使われたり、蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されています。

また、ギリシア神話では、祭壇に捧げる花を摘みに行った仲良しの姉妹の話で知られていて、妹のニンフが変身した蓮華草を誤って摘んでしまった姉のドリュオペが、代わりに蓮華草になってしまい『花はみんな女神が姿を変えたもの。もう花は摘まないで』と言い残したと言われています。Wikipediaより

こんなレンゲソウをモチーフに使ったのは、私の誕生花の1つ(諸説ありますが…)だからなのですが、

花言葉が「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」

というものからです。

これは、薬効から言われているといい、利尿作用や咳や喉の痛みなどの解毒作用から言われているそうです。

薬効作用はさておき、そんな場所になりたい、そんなセラピストになりたい…という思いから、レンゲソウをモチーフにしました。

そして、我が家のお風呂場には、日本地図が貼ってあるのですが、今日、レンゲソウが岐阜県の県花となっていたのが目に入りました。

私の祖父は岐阜の出身で、ここにも縁を感じました。

これもまた必然だったのかなぁ~と勝手に感じています。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です