ダニアレルギー舌下免疫療法/カモミールローマン

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

私はスギ花粉、夫はハウスダストのアレルギーがあり、子供ももれなく両方+動物(特にネコ)アレルギーを持っています。

 

 

私は、昨年まで、スギ花粉の舌下免疫療法の治験を5年間やっていて、年々症状が軽くなり、今年もたまには症状が出ましたが、一番酷かった時期に比べれば、かなり改善されました。

よって、子供にも舌下免疫療法を使おうと考えていて、解剖生理学でお世話になっている先生や、かかりつけの耳鼻科の先生に相談していました。

治験をやっている間は年齢制限がありましたが、2年前の発売と同時に年齢制限もなくなり、スギ花粉シーズンが明けたら受診する予定を立てていました。

コロナ禍でなかなかクリニックに行く気にもならなかったのですが、子供も学校が始まったので、2週間前に受診しました。

そして、ドクターと相談の結果、花粉は辛い時期も一時だけど、ハウスダスト(ダニ)の方から一年中症状があるので、今回はダニアレルギーの舌下免疫療法をスタートし、来年のスギ花粉時期が終わったら、スギ花粉の舌下免疫療法とを重ねていきましょうとなりました。

そんなアレルゲンを2種類入れる事ができるのかは確認したところ、それは問題ないとのことで、その形で進めることにしました。

製薬会社では導入時は3300を2週間、その後定量の10000を服用を推奨していますが、急に増やすよりも、少しずつ増やした方が…と提案いただいたので、3300を1週間、倍量の6600を1週間服用し、今日から定量を処方してもらいました。

今の梅雨の時期はどうしても症状が出やすいので、抗ヒスタミン薬と併用していくことになりました。

私と同年代の友人が高校生位の時に、注射の免疫療法をやったという話を聞き、今でも症状が出ていない…と聞いているので、子供が将来的に辛い思いをしないで済むといいのですが。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたアロマカードはカモミールローマンでした。

学名:Anthemis nobilis(アンテミス ノビリス)

カモミールという名前は、ギリシャ語で『地面のりんご』という意味からの由来があり、属名のnobilisは、『高貴な花』という意味があります。

 

 
 

あなたらしくいると、心がゆったりと安心して落ち着いてきます。

(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です