真正ラベンダー

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

10月8日から受付開始、19日から順次発送となり、8日に予約をしていた精油が届きましたー♥

両方とも、学名:Lavandura angstifolia

左はオーガニックラベンダー。

蓋を開けたときから、香りから若々しいけど、空気に触れてるとすっきりとした甘さででもしっかりした香り。

右は手積みのワイルドラベンダー。

手積みじゃないと採れない場所に咲いているそうです

蓋開けた時からホントにワイルド!って感じ(笑)

全然香りが違います。

どれくらい成分違うんだろ…。

香り、色、成分。

1つの変われば、他の2つも変わる。

そして、また、持ってる精油も一緒に色比べしてみました。
オーガニックは薄いけど、ワイルドは濃い。

これじゃわからないので(笑)

出回っている精油で、その年に採れて、蒸留して精油を採って、販売される…ってこと、あまりないと思います。 

今回は、あづさ先生が、フランスのラベンダー農家さん3ヶ所から取り寄せて、選んだそうです。

農家を自分の目で見て、蒸留、保管を自分の目で見て、輸入し、日本でオーガニック認証を受けて販売し、植物が育っている環境から社長自ら見てきているARTQの精油。

今、日本でよく見かけるラベンダーは、ラバンディン(ラバンジン)。

東松山のラベンダー狩りに行った千年の苑ラベンダー園もラバンディンでした。

スパイクラベンダーとの交配種で、第二次世界大戦のときに、大量に栽培され始めました。

これは、戦傷の消毒や、治療として使われていたため、そして、安価で栽培できたためということです。

今、ラベンダーとして香料で使われているのは、このラバンディンがほとんど、絵葉書などに使われているのもラバンディン。 

下手すると、ラバンジンや薄められ『真正ラベンダー(Lavandura angstifolia)』精油として、販売されていることもあるそうです。

この違いをわかる鼻であるように、真正ラベンダーを知らないとですね。

ラベンダーは1年後が更によい香りになる…ということなので、一年後楽しみ♥

そして、また、一年後、フェアをやってくれる予定…とのことなので、それまた楽しみ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたアロマカードはジャスミンでした。

学名:Jasminum officinale

お花の精油は久々かな?

幸せは誰かがあなたにくれるものではなく、自分から作り出していくものです、そして共に築いていくものです。(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

真正ラベンダー” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オンラインサロン

次の記事

乳がん検診