2021年節分

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日から緊急事態宣言が効力が発令されました。

1都3県から、愛知、京都、大阪も感染者増加に伴い、緊急事態宣言の検討に入りましたね。

我が家は、子供が学校が休業対象にならないこと、高齢者がいることから、今まで一緒に取っていた食事時間を分けることを考えています。

今までは冬休みだったこともあり、実母にしてみれば、孫と食事するのも、楽しみ(?)の1つだったと思いますが、食事のときには、マスク着用で側にいてもらうようにしようかな…と。

さて、そんな子供と先日、こんな会話がありました。

子:『節分って2月2日だよね?』

母:『節分は2月3日だから!』

子:『今年は2月2日だよ!』

母:『そんなわけないでしょ!』

子:『そう言ってたもん』

母:『誰が?』

子:『テレビで』

母:調べる…『本当だ』

ということがありましたが、ご存知でしたか?

言われてみれば、春分の日、秋分の日、冬至なども日が変わるし、閏年で調整したりもあるので、その感覚なのかな?という感じですが、簡単に言うとやはり閏年(うるうどし)と同じ感覚のようです。

1年間を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、1年に少しずつ誤差が出てきて、ずれが生じ、その調整した結果、2021年は2月3日が立春になります。

37年前の1984年(昭和59年)は逆に立春が2月5日で節分が2月4日だったそうです

来年以降は閏年の翌年の立春の日が2月3日となる=節分が2月2日になるようです。

よって次は閏年である2024年や2028年の翌年の2025年や2029年の節分が2月2日になります。

例外的に2057年と2058年は2年連続で2月2日になり、今後は、年により節分、立春も変わます。

今では、関東でも恵方巻がポピュラーになってきているので、コンビニで見かけたり、テレビのCM等でも言われているし、忘れることはなさそうね。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です