薬の効き方・精油の効き方<受容体(アゴニスト・アンタゴニスト)

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、ギュギュっと体が縮こまってしまうような風の冷たさでした。

今日は、午後、夜とズームで受講だったので、夕食はおでんにしました。

夜の講座は、先々週、先週の体内動態の次は、薬や精油の効き方の受容体がテーマ。

まず、日本製薬工業協会(製薬協)のHPに記載してあるくすりはどのようにして効くのですか? というQ&Aで『自然治癒力によって治すので、健康の三原則(運動、食事、睡眠)を守らないとくすりの効き目をきちんと得ることができません(抜粋)』と記載してあることを教えていだきました。

やはり、自分の力の後押しをしてくれるのが薬なんですよね。

私は西洋医学や薬に対して否定もしませんし、必要なときには使うべきだと思います。

でも、やはり、生活を整えるのが先決なんですよね。

最近、そう強く思うところがあったので、なおさら今日は心に残りました。

さて、内容に関しては、神経講座や、最近読んでいる本に通ずるところがあり、色々と繋がってきました。

ただ、推進系と抑制系って混乱するので、これを整理するのはもう少し時間が掛かりそうです。

午後からは漢方入門講座の再々受講もしてました。

画面はオフにしたままですが…💦

ジワリジワリ…と結びつけていきます。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です