感情老化を予防する

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は本当に暖かかったですね。

2月なのに、5月の気温。

明日、お味噌作りをするのに、今日、浸水をしましたが、本来であれば、寒い時期に冷たい水で浸水させるので時間がかかるはずなのに、暖かいために途中で腐敗防止のため水を変えたほうがいいとか、全く寒仕込みじゃないですね。

美味しいお味噌ができますように…。

さて、昨日触れた感情老化 。

今日はその予防方法です。

知識を得たり経験することで、知力は衰えにくくなります。よって『脳を甘やかさない』がポンイトになります。

マンネリ化した生活を見直し、積極的に驚きや感動を感じる生活ができるとよさそうです。

●新しい刺激により前頭葉を活性化させる

・新しい知識や経験を積む

・楽しめることをする

・正解を求めず、失敗を恐れない

・少額の投資など少しリスクのあることをしてみる

●自分と反対の考えや意見に耳を傾ける。

自分と合わない考えは嫌悪感がありますが、反対の考えを認めたり、感情的にではなく、理論的に批判を考えることが感情老化を予防します。

●読書のジャンルを変える

感情老化の予防として手っ取り早いのは読書ですが、好きな作家やジャンルの読書では予防にはなりません。

例えば、ビジネス小説が好きだったら、純文学や、歴史小説が好きだったら、現代作家など、意識的に読んでみるのがいいようです。

その他、ホルモンの分泌を促します。

●肉や魚を摂る

テストステロンやセロトニンを作る材料となるためのタンパク質を摂取する。

●日光を浴びる

●運動をする

これらは、セロトニンの分泌を促します。

●ドキドキする(笑)

恋人やパートナーと話したり、触れ合ったり(無理ーという方もいるかもですが・笑)、好きな芸能人やアイドルにドキドキしたり(私は子供を見るような目になり違う意味のドキドキになりかねませんが)、定期的に映画や歌手やコンサートに行くなどして、ときめき❤や刺激を得る。

テストステロンは性ホルモンなので、特に男性は恋愛感情でテストステロンの分泌が増えます。そうは言っても、不貞行為は問題外です。

体も使わなければ低下するように、脳も刺激を与えて使ってあげないと老化が進みます。

相対するものを受け入れられる時は、感情が発展していて、感情老化は起きていません。

受け入れられる自分がいる事は、感情老化のバロメーターになります。

人はストレスのないと生きていけないのも、成長のためかもしれないですね。

安らぎや安心は不可欠ですが、やはり何事もバランスですね。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

感情老化

次の記事

寒仕込み