ティートリー(特徴からみてみる)

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

先日は、ティートリーを葉の精油ということからみてみました が、今回は、ティートリーの特徴から見てみたいと思います。

まず、ティートリーの学名ですが、Melaleuca alternifonia

Melaleuca のmelasは黒、leukosは白を表します。

葉が深緑、樹皮が白いので、遠くから見ると、白と黒に見えることから学名がついたそうです。

ティートリーが必要な方は、白黒を決めなければいけない…と思っているかもしれませんが、それが本当に必要なのか?と一息つくこと、余裕を持つことを教えてくれる香りかもしれません。

 そして、ティートリーは、免疫強壮作用があります。

体はもちろん、心や魂、その人そのものを強くしてくれる香りです。

人の価値観に囚われてしまい、気持ちに弱い部分があったり、自分自身と向き合うことから逃げてしまったり、向き合うエネルギーが不足していたりする時に、自分を信じる勇気や、強さを与えてくれます。

また、心を守りたい、周りの人に振り回されて疲れてしまった時など、ウイルスなど感染症からだけではなく、心のバリアとしての働きもしれくれます。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です