トドマツ

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、生の枝葉をいただいたこともあるので、最近、私の中でご縁のあるトドマツの精油のご紹介です。

トドマツ(椴松)

学名:Abies sachalinensis

英名:Sakhalin fir

別名:北海道モミ、フプ/フップ(アイヌ語)

科名:マツ科

トドマツは『マツ』とつきますが、マツ属『Pinus』ではなく、モミ属『Abies』に分類され、モミのない北海道では『北海道モミ』と呼ばれています

昨日出席した『ふるさと精油をつなぐ会』代表の谷田貝先生のお話によると、今の季節モミと言われ出回っているものは『トウヒ』と言われるもので、触るとトドマツは葉の先が丸く、トウヒは尖っているので触ると痛いしわかる…とおっしゃっていました。

モミは海外では常緑の針葉樹であることから、古くから生命力の象徴とされており、学名の『Abies』は『永遠の命』、『sachalinensi』はサハリン(樺太)に由来しています。

樹脂は塗り薬や魔除けに使われ、遥か昔から人や動物の生活の中で、大切な存在として扱われてきたようです。

トドマツの香りは、北海度に生息するマツ科のアカエゾマツと共通する酢酸ボルニルが主要成分となっていて『森の香り』と呼ばれ、睡眠導入効果が期待されます。

その他、針葉樹の特徴的なαピネン、βピネン、リモネン、カンフェンの他微量の多くの芳香成分を含み、それらの香りが奥行きのある森林浴を感じる香りを構成しています。

 🎄⛄🎄⛄🎄⛄🎄⛄🎄⛄🎄⛄🎄⛄

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です