ペパーミントの日

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

🍀🍀🍀お知らせ🍀🍀🍀

アロマアナリーゼセッション、ご予約満席となりました!

ありがとうございました!

昨年、まちゼミ開催時、コラボワークショップでお借りした、ギャラリーろくさん でイベントを行います。

6月26日(日)

アロマアナリーゼセッション(ご予約制:各1名ずつ、所要時間70〜80分)

11:30〜(受付終了)

13:30〜(受付終了) 

15:00〜(受付終了)

モニター価格:アロマスプレー付き¥1,000

ご興味がありましたらこちらからお問い合わせください。

アロマアナリーゼとは?

12種類の精油の中から好きな香り、気になる香りを教えてください。

ご自分の中に眠っている望んでいることが、その香りによって気付き、精油からのメッセージをお伝えし、望む未来を手に入れるお手伝いをするセッションです。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

今日も暑くなりました。

涼しくなるものを求めるようになりますが、植物で頭に浮かぶ1つにミント系はありませんか?

そんな今日はペパーミントの日。

先日15日は、生姜の日でしたね😁

1987年北海道北見市まちづくり研究会によって制定されました。 

6月の北海道の爽やかさと、ペパーミントの爽やかさが共通すること、『20日(はつか)=ハッカ(薄荷)』ということから6月20日だそうです。

 生のペパーミントは、爽やかなスッキリした中に、個人的には桃のような甘さが感じられ、とても好きな香りです。 

今年は、ペパーミントを植えましたが、モリモリ育ち、その成長のスピードに驚かされます。

ペパーミントは、スペアミントとウォータミントの交配種で、ミント類は、繁殖力は旺盛で、他種と植えるとすぐに交配します。 

学名:Mentha piperita(メンタピペリタ)

Mentha:ギリシャ神話由来。ラテン語の『mente=考える』に由来。

 piperita:ピリッとした辛みのある香りから『コショウのような』の意。

 ギリシア神話では、勝手に惚れられて、妃の嫉妬により踏みにじられた妖精(ニンフ)のメンターを、勝手に惚れた神が憐れんで変身させたハーブがペパーミントとなっていますが、なんとも複雑なお話です(笑)

 古代エジプトでは、日没の香りに使われていたり、古代ローマでは、宴会に毒を盛られる可能性があることから、解毒用にペパーミントの冠をかぶったり、湯あみや、ベッドに振りかけて使ったり、歯磨きの代わりに使ったり。 

また、古代ローマの博物学者のプリニウスは、『香りを嗅ぐだけでも精神を回復にさせ、気分爽快にさせる』と記しており、かなり歴史をあるハーブです。

ペパーミントの精油も私は大好きです。

 精油の研究で、ペパーミントは、香りを嗅ぐだけで体感温度が4度下がるという結果も出ています。 

光熱費の値段も右肩上がりとなっていますので、この夏は、ペパーミントの香りを使って、電気代の節約にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

  ちなみに、北見市の和薄荷は、ペパーミントではなく、アルベンシスミントだったような…(笑)

🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸🌂🐸

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です