ホリスティックヘルス塾

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は風もなく暖かかったですね。

まだまだ騒がれている新コロナウイルスですが、やはり、自己免疫力を上げる…ということが言われていますよね。

そこにも関係がある、自己治癒力などについても考える、アロマテラピーの安全性を考える会主催のホリスティックヘルス塾を今日は受講してきました。

テキストは著作権的に表紙使用可能かわからなかったので使用せず。

今回、なんとか参加できそうだし、申し込みしようと思っていたら満席( ;∀;)

泣く泣く(大袈裟)諦めたところ、先日、化学物質過敏症のお話しを聞きに行った際に、『キャンセルが出たからぜひ』とおっしゃっていただき、参加してきました。

私が知っていたホリスティックの定義が『全体を見る』というかなりザックリとしたものでした。

それを、先日の精油の化学の際に、要素還元論(素粒子→原子→分子→細胞→組織→臓器→人間と考えるもの)ではなく、人間は臓器の集まり、細胞の集まりだけではなく、部分的に分けて理解しても全体をとらえることはできないという全体論で精油も考える…というお話しを聞き、ホリスティックってそういうことなのか!(ちょっと違う?)と気付き、今回の受講に繋がりました。

また、久保田泉先生の講座が楽しくて大好きなんです😍

そうやって考えてみると、西洋医学を否定することなく取り入れながら、自然治癒力を上げられるように養生し、アロマテラピーやクレイ、鍼灸を取り入れ…と、ホリスティックという言葉をあまり理解していなくても、やっていたことでした。

また、更に、『患者(とあえていいますが)自ら癒し(治癒)、医療者を含め周りに人がそれをサポートする』、『患者が治療法を選択し、自分が癒されると思われる治療を行うこと』というのが、ホリスティック医学の定義で、緩和ケアでも目指すところですよね。

久保田先生の今まで経験されていたことを交え、笑いあり、涙ありで、ホリスティックの入り口に立てたような気がします。

まだまだ奥が深いホリスティックについて。

目覚めたというか、気付くことができたので、

これから時間をかけて知っていくんだろうな…と思います。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

他者の個性を認める

次の記事

定期検診