アロマセラピストにできること/パチュリ

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日は、買い出しデー。

スーパーに買い物に行き、3日〜4日分の食料を調達してきました。

今現在、6名分の食事の用意をしているので、そこそこの量を購入してきます。

さて、アロマセラピストとして出来る事ってなんなんだろー?と考えることが増えました。

お役に立てるかも?とミツロウバームを作りました。

香りは、オレンジ・スィート、ペパーミント、ラヴィンツァラ、ユーカリ・ラディアータ、フランキンセンス。 

クライアントさまで医療機関や金融機関にお勤めの方、コンビニを経営されている方に使っていただこうと送りました。

早速連絡をいただいて、患者の方への対応で気分が落ちていたので気持ちが嬉しい…、香りに癒やされる〜と連絡をいただきました。

アロマテラピーの協会により、手作りのクラフトを第三者へプレゼントすることについて賛否ありますが、AEAJの基準に則っています。 

香りで少しでも気分転換してもらえたら…と思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日引いたカードはパチュリでした。

2日連続です。

連続は初めてかな…。

パチュリは、昔から、中国、インド、マレーシアなどでは、虫刺されの薬や、衣類、絨毯などの防虫剤として用いられていました。

カシミアを運ぶときは、乾燥させたパチュリの葉をカシミアの間に挟み、パチュリの香りがするインド産のカシミアショールが19世紀頃のヨーロッパでは大流行したそうです。

偶然のような必然のような、魔法のような不思議で、思いがけない出来事が次々とおこるかもしれません。

(SACRED AROMA  CARDより)

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です