シダーウッド(Cedrus atlantica)

ご覧いただきありがとうございます。

 

東京都板橋区大山の自宅サロン

 

女性専用・1日1名様限定

 

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

 

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

 

セラピストのともこです。

 

 今日引いたカードはシダーウッドでした。

 

シダーウッドをご紹介していなかったので、今日はシダーウッドの精油をご紹介したいと思います。

 

シダーウッド。

 

学名:Cedrus atlantica(ケドルス アトランティカ)

 

マツ科の植物で、抽出部位は木部(心材)で、水蒸気蒸留法で採油されます。

 

聖書に記述されているレバノンシダー(Cedrus  libani)の近縁種で、

(レッド)シダー(ウッド)[Juniperus virginiana]という、ヒノキ科の植物もありますが、今回ご紹介するシダーウッド(Cedrus atlantica)とは異なります。

 

シダーウッドは、甘さがありフローラル調も感じられるウッディな香りで、香水の保留材としても用いられます。

 

『シダー』とは、『霊的なパワー』を意味するセム語が由来となっています。

 

寺院にて薫香として古くから使用された香料で、油はミイラ作りに、木材は棺を作ったり、神聖な木として、船や神殿作りなど幅広く用いられていました。

 

心の鎮静と強壮の両方の作用があるため、脳を活性化させ、無気力な時や集中したい時、また、不安や緊張の緩和の時など、助けてくれる香りです。

 

ミイラ作りに使われていたくらいなので、抗菌作用に優れ、泌尿器系の感染症に用いられたこともあったようです。

 

また、頭皮の皮脂を抑えたり、リンパや静脈の強壮作用、鬱滞除去作用から、体液の流れを良くし、むくみの解消も期待できます。

 

※精油の使用は自己責任で行うこととなっています。精油の禁忌・注意事項を十分にご確認の上、ご使用くだささい。当ブログは精油使用についての責任を負いかねます。

 

 

 

どの道を選び進むのか心の奥を見つめ尚し、深い闇の中で心に勇気の薪をくべて、迷いや恐れをすべて燃やしてしまいましょう。

(SACRED AROMA  CARDより)

 

 

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

 

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です