子供の視力

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

曇り空には、紫陽花がよく似合いますね。

義実家の紫陽花。

色付くまでにもう少し掛かりそうですが、今年は、紫陽花が生き生きしているのが早く感じます。

さて、私も夫も視力は良くないのですが、初めて眼鏡を作ったのは高校生の時。

私はそれから免許証は、眼鏡使用が条件に入っていましたが、30代だったかな?急に視力が良くなり、眼鏡使用が外れた年がありましたが、40歳を過ぎた位から、夜が見えなくなり、眼鏡を作り直し、それから眼鏡生活になりました。

そして子供。

悪くはなるだろうな…と覚悟はしていましたが、ギリギリ持ちこたえていたところ、とうとう6年生になった年の眼科検診(視力検査)から眼鏡使用になりました。

そして、今日、『席を前の方にしてもらってるんだけど、数学の細かい文字が見えない』と言われて、今日の逃すと月曜日になってしまう!と慌てて眼科へ行きました。

まー、小学校の眼科検診後らしく、且つ土曜日なので混んでる混んでる。

視力検査の段階から、眼鏡の度数アップは免れず、処方箋をもらうことになりました。

そのまま前回眼鏡を作った眼鏡●場へ行き、レンズもあるとのことから、無事に新しい度数の眼鏡になりました。

購入後、半年以内は、無料レンズ交換、1年以内はレンズ代半額で、交換できました。

他の子に比べると、たぶんゲームやスマホなどのディスプレイを見る時間は、少ない方ではないかと思いますが、なんせ、姿勢が悪い。

普段の生活を少し気にしてもらえるように、声掛けしなきゃな…と新たに誓った今日でした。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です