新型コロナウイルス軽症・中等症・重症

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日のnews every の藤井アナウンサーが、『この番組を見ている方は、気を付けているだろうけど、見ていない方にSNS等で拡散してください』…というような事を言っていたので、今回はこの件について。

下の絵にもあるように、新型コロナウイルスの『軽症・中等症・重症』のイメージが、一般の人と医療従事者とで違いがあるとのことでした(下記イラスト参照)

若い方が、軽症で済む…と考えている軽症は、軽い風邪程度で考えているため、恐怖を感じていない=外出するとなっているようです。

しかし、医療従事者の考える軽症は、酸素吸入は必要ないが、発熱、咳など、(インフルエンザ罹患時位?と私は思ったのですが)、決して軽い風邪程度ではない。

中等症は酸素が必要、それに加えECMOを準備する段階、重症に至っては助からない?というレベル。

確かに軽い風邪で済む方も、無症状の方もいらっしやいます。

が、感染した場合の倦怠感、脱毛、嗅覚異常など、年齢に関係なくいつ治るかわからない後遺症に苦しんでいる方もいらっしゃいます。

そして、新型コロナウイルスは、嗅覚異常をお越し、鼻から脳への感染します。

今は治った、症状がない…と言っても、その影響が、今後、出るとも出ないとも今はわかりません。

何はともあれ、今は感染しないようにするしかありません。

必要以上に怖がる必要はないと思いますが、危機感は持つべきですよね。

自分と周りの人を守る行動をしていきましょう。

米国ジョージタウン大学内科で安川康介医師 Twitterより

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です