良くも悪くも影響が出るのが早い?

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

我が家には小学生の子供がいます。

今までも、ゲーム類は解禁していましたが、最近、ゲームの時間をある程度自分で管理するようになりました(声かけしていますが)。

やはり、以前に比べると、ゲームの時間が多くなっています。

一昨日位から、左の肩甲骨近辺の一部が痛いと言うようになりました。

最初は、何か急性の痛みなのかと思って、触ってみると張りがありました。

熱を持っている感じもなさそうだし、姿勢をみたら、右肩が下がっています。

左右バランスが悪くなっています。

昨日の朝も、やはり痛いというので、まずはストレッチをやりました。

できれば、腹式呼吸をやりながら…と思ったのですが、子供には難しそうです。

まず、腹式呼吸の練習をして、肩回りのストレッチをして、学校に送り出したのですが、その時に、別件でゲームの話が出て『それだ!』と(気付くの遅いですよね)。

それと、今の子供は、教科書が大きくなったので、その分重くなっているそうです。

確かにそうですよね。

私の時は、B5の教科書でしたが、今はA4です。

その分重くなっています。

1年生の時から、鍵盤ハーモニカを持っていったり、絵の具や書道のセット、金曜日には、体操着、上履き、終業式や始業式近くには、防災頭巾、お道具箱。

ランドセルも型崩れしないように、しっかり作られているし、素材によっては、大人が持っても『重っ』と感じます。

今の子供の、肩凝りとランドセルについての研究されている先生も居ると、以前テレビで見たこともあります。

我が家の子供のランドセルも、本人が気に入ったので決めましたが、重いです。

初めての事だったので、重さまで考えませんでした。

このようなお子さんはたくさんいますよね。

我が家では、まず、ゲームの時間について話し合いました。

このまま続けると、体の不調が出てきたり、目の不調が出ててくる可能性があることを伝えました。

そして、ゲームの間に休憩時間を作って、ストレッチをしてみること。

今日は痛みはないとのことで、今後どうなるかわかりませんが、子供の姿勢や目について考えないといけない!と強く思いました。

最後までお読みいただいき

ありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お見舞い申し上げます

次の記事

クローブ