クローブ

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

今日、ご紹介するのは

クローブです。

日本では、丁子と言われるスパイスです。

フェノール類が70%以上含まれているので、抗寄生虫作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用と圧倒的に感染症に用いられます。

ペストが大流行している時に、ペスト医者と言われる医者が独特のマスクの中にクローブを入れていたそうです。

ある方は、早期の水虫に使ったら治りが早かったという話を聞きました。

それだけ、クローブは感染症に強いということですね。

スパイスとして使われる精油なので、消化器系への働きもあります。

香りは歯医者さんの匂いというとわかりやすいかもしれません。

また、オイゲノールの固有作用として、鎮痙攣作用、鎮痛作用、麻酔作用、子宮収縮作用があるため、痛みに効果がありますが、妊婦さんは、出産時以外は使用できません。

クリスマスに飾るオレンジポマンダーもクローブを使います。

クリスマスシーズンは、オレンジとクローブの香りで季節の香りを楽しめますね。

ゴキブリはクローブが嫌いとも言われますので、ゴキブリ対策にも使えます。

精油はちょっと心配でも、キッチンにスパイスのクローブを置いておくのはいいかもしれません。

通常、精油は比重が軽いので、水に落としても沈みませんが、クローブは比重が重い精油になりますので、水に落とすと沈みます。

シングルだと、個性の強い香りですが、働きも強い精油の1つです。

最後までお読みいただいき

ありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

クローブ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です