家庭の緩和ケア実技:初級フットマッサージ講座

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

緩和ケアの実技講座が開催されていたのですが、いつも、父の訪問診療の日に重なっていたので参加できずにいましたが、今日は祝日ということもあり、参加してきました。

この写真では何の講座がわかりませんが💦、エフェクティブタッチ®️のスクールです。

緩和ケアの講座なので、健康な方に施すものとは違い、足の浮腫みが取れれば、痛みの物質も無くなる…という考えのもと、浮腫みを取ることに重きを置いています。

血行が良くなれば、浮腫みは軽減するのですが、プラス、浮腫みに関しては、リンパとは切り離せないので、座学を受けてから、実技です。

座位での施術ですが、私はセラピストの安楽の姿勢がなかなか安定しませんでした。

ただ、健康な方であれば、自分で上手く調節できることが、高齢者や虚弱な方は、椅子に座っていても、安楽の姿勢は難しい場合もあります。

まずは、自分の姿勢の安定を、確認です。

今までも、ホットタオルで足の裏の拭いていましたが、今回教えていただいた拭き方の方が、クライアントの方にとって良さそうなので、早速、変更します。

痛みを緩和させるためには、まず、血行を良くする、そのためには、皮膚を柔らかくする、リンパの流れを良くする、そのためには、やはり、強い力は必要とせず、体のしくみを理解し、心地よさとの相乗効果で、痛みは軽減できますね。

相モデルでの実技でしたが、足がポカポカして、モデルの時は体感し、実技練習のときは目で見て変化を感じることができました。

久々にお会いできた方もいて、お話をきかせていただき、他のセラピストさんのお話は、とても楽しいし、勉強になりました。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

1日詣り

次の記事

結果を出すとは?