クレイと精油でのケア

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

先週木曜日(9日)、家族がお風呂から出た後、鼠径部~両内腿にかけた15センチほど(とくに左が)、虫刺されのような多数の湿疹と、乾燥と赤みがあり、痛痒いと訴えてきました。

お風呂前のお手洗いにいった時に『なんかザラザラしているな』と思い、湯船に入ってから痛痒さが出てきたとのことでした。

『さてさて、どうしましょー』と、まずは、グリーンイライトとラベンダーの芳香蒸留水があったので、パックをしました。

(下に新聞紙を敷くなんてオサレじゃなくてすみません😅)

1度目でかなり赤みと湿疹が薄くなったので、その後30分程度を2回。

それから、セントジョンズワートオイルに、ラベンダー・アングスティフォリア、カモマイル・ローマン、レモン・ユーカリ、ローズ・ゼラニウムを少し濃度を上げたブレンドオイルを赤みのある部分に塗布しました。

この後、少し痒みが出てきてたようですが、精油をブレンドしていないセントジョンズワートオイルと、ラベンダーの芳香蒸留水のスプレーを塗布しました。

ここから先は、備忘録用です。

興味のある方はご覧下さい。

2日目(10日金曜日)。朝起きた時には、まだ、昨日の3回のクレイパックが終わった時位の痒みも乾燥があったので、また、ブレンドオイルを塗布。

日中はオイルや芳香蒸留水を塗布することは不可能とのことで、持参せず。

帰宅後、汗でまたヒリヒリ痛痒くなったようです。

まずは、お風呂に入り、その後、ラベンダーの芳香蒸留水をつけ、落ち着いた頃に、前日と同じグリーンイライトとラベンダーの芳香蒸留水のパックを2回。

見た目は、前日より若干赤みがあるかなーという感じでした。

その後、昨日作ったブレンドオイルを塗布。

茶毒蛾かもしれないと言われ、夜も眠れないほどで3週間位痒みが続くということらしく、もしそうだったら、とても早く痛痒さは消えたのかな?と思いますが…。

ただ場所的に、そこに毒毛針がつくかな?というのもありますが。

3日目(11日土曜日)朝。

もう痒みはないとのことでした。

皮膚は乾燥はしていて、粉がふいている感じ(これは最初からそうでした)。

湿疹は、中心部が黒っぽくなってきているので、治ってきている感じでした。

本人が最初に作ったブレンドオイルがいいような気がする…というので、塗布。

昼間、外出前にも塗布。

帰宅後は、やはり汗をかいたせいもあり、今回はヒリヒリした痛みが出たので、ラベンダーの芳香蒸留水を塗布しましまが治まらず、洗い流したら、ヒリヒリ感はなくなったとのことで、この後と、お風呂の後にブレンドオイルを塗布。

3日目は、クレイパックはしませんでした。

4日目(12日日曜日)。

酷かった左内腿より、右内腿の方が痒みがあった朝。

クレイパックをしなかったのもあるのかな?と思いつつ、昨日の汗でのヒリヒリ感も右の方が強かったらしいので、右の方がおざなりになっていたのかな?

今朝は、ブレンドオイルを止めて、クレイローション(ホワイトカオリン、ラベンダー芳香蒸留水)を噴霧。

外出から戻り、やはり右が痒みがあるとのことでクレイローション。

それから、気付いた時に噴霧していました。

その後4時間ほど外出し帰宅しても問題がなかったのですが、夜になり両足に痒みが出た(右側の方が強い)ため、グリーンイライトかなくなってしまったので、ホワイトカオリンとラベンダーの芳香蒸留水でパック。

今回のパック、30分を2回やりましたが、グリーンイライトの時より、剥がれが悪かったです。

グリーンイライトは、スルっと剥がれた箇所が多かったのですが、ホワイトカオリンは、ほとんどペッタリついていました。

この違いは、クレイの種類の違いだけではなさそうですよね。

しかし、今までの手当てで、湿疹跡はかなりきれいになっていました。

5日目(13日月曜日)

起床時は、両内腿の痒み、痛みはなかったです。

ブレンドオイルを塗布し、日中用にクレイローションを持参。

帰宅後確認したところ、ローションも使わず、問題なく過ごせたようでした。

その後、今回は、皮膚組織再生を期待して、セントジョンズワートオイルに、赤みのある箇所に、ラベンダー・アングスティフォリア、ローズウッド、プチグレンのブレンドオイル、周りの乾燥部分は、セントジョンズワートオイルのみ。

あとは、皮膚組織が再生するのを手伝う手当てをしていきたいと思います。

自分ではなかなかクレイを使うことができない(調子が悪いときに用意できない)ので、家族に使うこと(実験😅)が多いのですが、効果を目の当たりにすることもでき、痛みや痒みは、家族の方が実感しているようです。

クレイは、フェイシャルのパックに使っていて、今はお肌とクレイの間に、不織布を使っていますが、もう少したっぷり、直接パックしたいなーとか、ボディーにも使いたいなーとか少し思っているので、クレイについてももっと学びたくなっちゃいます。

それまでは、家でのケアに使っていこうと思います。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です