起立性低血圧

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

今日から夏休みがスタートしましたが、学校のプールはこの気温で中止でした。

外に出ると少し肌寒いのですが、家の中は部屋干しをしているのもあり、ちょっと蒸し暑く、でもエアコンをかけると寒くなる…という温度調節が難しい1日でした。

起立性低血圧をご存知ですか?

読んで字の如く…なのですが、起き上がった時に血圧が低くなり、フラフラしたり転倒してしまったりという事があります。

横になると、自律神経(副交感)のスイッチが働きリラックスモードになります。

リラックスモードに入るということは、血管が拡張して、血圧が下がります。

そして、起き上がることにより、自律神経(交感神経)のスイッチに切り替わり、血管が収縮して血圧が上がります。

しかし、加齢により、自律神経のスイッチの切り替えが上手くできなくなり、起き上がっても血圧が低く、フラフラしたりしてしまいます。

高齢者は起立性低血圧が多くなり、それにより転倒→骨折→入院→手術という方もいらっしゃいます。

これは、起き上がったらその場で3分位じっとしていることにより、スイッチが切り替わり、体が慣れてきます。

また、脱水症状を起こしていると、起立性低血圧は悪化する恐れもあります。

特に高齢者は、喉が乾いていることも感じにくくなるらしいので、これからの季節、水分補給もしてもらうといいですね。

また、目眩は、他の病気が隠れている可能性もあるので、目眩が続く場合は、必ず受診してくださいね。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ブラックスプルース

次の記事

経絡勉強会