精油の動態学(吸収/嗅覚編)/パチュリ

ご覧いただきありがとうございます。

 

東京都板橋区大山の自宅サロン

 

女性専用・1日1名様限定

 

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

 

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

 

セラピストのともこです。

 

先日の、精油の経皮吸収に続き、今回は鼻からの吸収についてでした。

 

今まで、吸入を深く考えていませんでしたが、アネルズあづさ先生のお話からでもそうでしたら、吸入侮るなかれ!…というか、一番働くのは鼻からだったんだ!と今更ながらに感じている今日この頃。

 

例えば、頭痛だったとしても、その頭痛の原因により、精油の効果を働かしたい場所は違うので、使い方を変えていかなければならないですよね。

 

考えれば考えるほど、精油を使うことを考えてしまいそうです…。

 

そして、10年前とは言われていることが全く変わっていしまっているので、データのアップデートはずっとしていかなければなりません。

 

妊娠中に使ってはいけない精油…と考えたときに出てくるクラリセージ。

 

今現在のデータでは、そんなことは書いてない。

 

クラリセージのスクラレオールに関しても、話にきいてるのと違うじゃん!ということも過去にはあったので、本当に学び続けれいかなければならないのと同時に、日本では精油はやはり、雑貨なんだな~と思ってしまいます。

 

そんな中でも、香りで何かのお手伝いをしていくために、まだまだ学びは続きます。

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

今日引いたアロマカードはパチュリでした。

 

学名:Pogostemon cablin

 

収斂作用や、細胞組織再生作用、鎮静作用、抗炎症作用など、お肌を若々しく美しく保つ働きが期待できます。

 

 
 

洞察力や探求心にも更なる深みがでてくることでしょう

(SACRED AROMA  CARDより)

 

 

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

  •  

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です