クリスマスの香りと言えば…?

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

クリスマスまであと13日となりました。

クリスマスの香りと言えば…?

フランキンセンス(乳香)

●ミルラ(没薬)

オレンジ(・スイート)

クローブ

●シナモン

…といったところでしょうか?

フランキンセンス(乳香)、ミルラ(没薬)は、キリストが誕生した際に賢者の二人が捧げたものですよね。

フランキンセンスは宗教行事に使われたり、ミルラはミイラを作る際に防腐剤としてして使われていました。

また、オレンジ、クローブ、シナモンを使用しているオレンジポマンダーは、もともとは、中世ヨーロッパの貴族が持ち歩く金や銅でできた丸い飾りにハーブやスパイスを中に詰めて、その香りを魔除けとして持ち歩ていたものが、庶民に広がる中で、果物を使って作る形に変化していったもので、オレンジを使ったものです。

これらの芳香成分の共通点は

抗菌作用、抗ウィルス作用、抗感染作用、空気清浄、免疫刺激作用など。

これを考えると、やはり、感染症に対するものになりますよね。

今のように、成分分析がされていなくても、古代の人々も季節に応じて必要な香りを知っていたんですよね。

オレンジポマンダー、作ってみたいな…。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

クリスマスの香りと言えば…?” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

アルガンオイル