新型コロナウイルスによる嗅覚障害についてわかってきたこと

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

今日はお天気の良い暖かい日でした。

緊急事態宣言の延長により、予定されていた行事が中止になったり、縮小されたり。

来年度の宿泊の移動教室も、今までは2泊だったものが1泊になったり。

子供達も、我慢を強いられている状態にも関わらず、大人が、それも国会議員だったり、好き勝手にしている人間がいるのは本当に残念です。

そんな、新型コロナウイルスの嗅覚障害の研究が進んできました。

コロナ感染でにおい感知組織が脱落 

ここのところ、ニュースからの話題で申し訳ありませんが、香りを扱う者として、やはり、嗅覚にはとても興味があり、そして、香りをお伝えするためには必要なので…。

香りの成分をキャッチする鼻の中の上の粘膜(嗅上皮)が、少量の新型コロナウイルスでも感染することによって剥がれ落ち、香りを感じなくなることがハムスターの実験からわかりました。

感染後3日後位から、香りを感じなくなり、少量ということであれば、無症状のこともあります。

このようなウイルス性の嗅覚異常は、新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザなど他のウイルスでも発症はあったようですが、確率から言うと、新型コロナウイルスは、嗅上皮にダメージを与えやすいウイルスということになりそうです。

嗅上皮は21日程度で再生はされますが、一部厚みが戻らないことにより、嗅覚が戻らない後遺症もあります。

これらは、嗅覚障害の治療と同じように、漢方薬の服用や匂いを嗅ぐ訓練を用いることを推奨していました。

NHKヒューマニエンス『嗅覚”生命のバロメーター”』 で、嗅覚を失った方の訓練では、精油も使われていました。

香りを感じないって、食べ物の風味を感じられないため、味覚も鈍くなります。

食欲が落ちたり、食べるのが嫌になったりとか、栄養的な問題だけではなく、嗅上皮から脳への香りの伝達ができなくなり、香りが心身を整える働きがあることを考えると、感情や記憶、自律神経からの体の働きやホルモン分泌の働きなど、体調や心のバランスも崩したり…と思っている以上に影響を与える働きではないでしょうか?

それを考えると、新型コロナウイルスに感染する…ということを、もっと深く考え、予防を強化することをしていかないといけないかもしれませんね。

もし、香りを感じない…ということがあれば、受診することはもちろんですが、身近にあるどんな香りでも構いませんので、香りを感じなくても色々な香りをどんどん嗅いでください。

そして、香りを感じる方も、毎日意識的に香りを嗅いで、香りの変化を感じたり、好きな香りを嗅ぐことによって、心と体を整える手伝いをしてくれます。

アロマクラフトレッスンでは、ルームスプレー等も作れます。

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

はたらく細胞図鑑