桜の香り

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのtomoです。

昨日よりさらにお花が増えました。

 桜ってお花は香らないよね…なんて、花に鼻を近づけてみると…甘い香り


な、なんと香るではありませんか! 

50歳になる春に、桜の花が香ることを知るなんて!!! まだまだ知らないことは多いですよね…なんて、言ってる場合じゃないです。


 桜の事を調べてみねば…と、一番有名なのは、ソメイヨシノを。 

ソメイヨシノ(染井吉野) 

学名:Cerasus ×yedoensis (Matusm.) Masam. & Suzuki ‘Somei-yoshino’)(ケラススエドモンシス)Wikipedia

Prunus × yedoensisMatsumuran(プルヌス エドンシスマツムラ)

※サクラの属名はPrunus、和名ではサクラ属(「スモモ属」とも)とする分類と、Cerasus(サクラ属)とするものがある。

 科名:バラ科 

桜の花の芳香成分を分析すると、品種によって違いはありますが、
・ベンズアルデヒド(芳香族アルデヒド類)
アーモンド、杏仁(アンズの種)の香り成分抗炎症作用
・アニスアルデヒド(芳香族アルデヒド類)セリ科の一種の植物、アニスに含まれることからその名が与えられた。ヒドロキシ基置換するとバニリンに。


芳香族アルデヒド類抗菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用、抗寄生虫作用、免疫刺激作用、神経強壮作用、発酵抑制作用


・β-フェニルエチルアルコール(芳香族アルコール類)バラの香り

・クマリン(ラクトン類)桜の葉の香り血液流動促進作用、鎮静作用


ラクトン類粘液溶解作用、脂肪溶解作用、瘢痕形成(創傷治癒)作用、抗ウィルス作用
など


甘い香りの中に、ずっと香っていると、私はうっすら金木犀のような香りに感じました。


甘い香り、バラの香り、葉の香り…これらの成分を見ると納得します。


桜の精油があるのですが、いつか手に入れたいと思います。

最後までお読みいただいき

ありがとうございました😊

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です