漢方でセルフケア(東洋医学入門講座)オマケ

ご覧いただきありがとうございます。

東京都板橋区大山の自宅サロン

女性専用・1日1名様限定

ほのかな香りと優しいタッチでカラダとココロが和らぐ時間(とき)を…

aromatherapysalon

朋香(ほのか)

セラピストのともこです。

東京は再度緊急事態宣言が発出されそうですね。

緊急事態宣言は、医療崩壊を回避するために出されるものです。

先の見えない毎日が嫌になることもありますが、国民、都民がほんの少し我慢すれば、このようなことにはならなかったのではないかと感じずにはいられません。

さて、昨日の夜は、新年一番はの漢方でセルフケアのオマケ講座でした。

今回は、五行をテンセグリティで考えるために、模型を作ったり、症例から、漢方(方剤)を選ぶ…ということ。

テンセグリティとは、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語で、簡単に言うと、押したり引いたりする力によりバランスが取れる…というもの。

これは、体(を支える仕組み)にも考えられ、どこかの力が強いことにより、バランスが崩れ、体調も崩す…というもの。


これを五行的(正確には六臓六腑12経絡で)に見るために、模型を組みたてました。


そして、症例に基づく方剤を選ぶ課題の答え合わせ。


全滅…(笑)
ただ、自分が何をもってその方剤を選んだか…ということが大切なので、それは少しは進歩したような。


やっと入口で、少しずつ繋がっていけばいいのかな…と相変わらずのんきなことを言っていますが。


今年は漢方でセルフケアをがんばるぞー!

最後までお読みいただいきありがとうございました😊

明日も笑顔が溢れる1日になりますように…✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お墓参り

次の記事

予定通り